社会科の歴史学習での「つくつた」教材活用授業を見てきました!


 南島原市立長野小学校は長崎県の雲仙のふもとにあります。小規模校なので6年生は9名(授業者は田中健太郎先生)。ipadを1人1台使える環境にしての授業でした。6年生の社会科では学んだことを新聞形式でまとめられる先生も多いかと思います。田中先生のクラスでは今年4回目の新聞づくりにいよいよ、ipad+つくつた教材を投入しました!

 

「つくつた」教材がはじめて使われた授業を見てきました!

 使用されたのは栗原市立岩ヶ崎小学校の4年生の子どもたち(授業者は遠藤麻由美先生)。学校の統合を控え、これからいっしょに学ぶ子どもたちに、岩ヶ崎小の魅力を伝える学習を総合的な学習の時間に取り組んでいます。新聞、ビデオ、プレゼン、リーフレットとつくつたの教材すべてを活用して、グループごとに制作活動に取り組んでいました。