仙台市立北中山小学校の伊藤浩也先生から、3年生の保健体育での実践報告をいただきました!

 インフルエンザの予防には、換気、マスク、うがい、手洗いなどが大切です。予防の仕方を1年生に教えるために、「換気」「うがい」グループは、「つくつた」のビデオの教材を使ってビデオ作成に取り組みました。





 名古屋にある椙山女学園大学附属小学校からの実践報告です。5年・6年の総合的な学習の時間での取り組みです。1学期には新聞づくりに取り組んでいます。2学期は環境問題について調べたことを5年生はリーフレットに、6年はプレゼンテーションにまとめるとのこと。そこで「つくつた」教材が活躍しました。


 つくつた教材を交流学習で活用した実践です。

 実践されたのは岩ケ崎小学校の遠藤麻由美先生。岩ケ崎小は、来年4月から近隣の3つの学校と統合する予定です。そこで、子どもたちの不安を和らげるために、対面の交流会を何度か実施しています。それに加えて、ネットを使った交流学習にも取り組んでいます。今回は「つくつた」の教材を活用して、学校の魅力を伝える新聞づくりをブラッシュアップする国語の授業です。



仙台市立愛子小学校の石井里枝先生から、つくつた活用実践の報告をいただきました!

 メモから記事へ、新聞らしい文章に高めていく場面で活用されました。この単元では,新聞記事の書き方や割り付けの仕方などを通して、新聞作りの方法を学びます。記事はさまざまな方法で取材し,図やグラフ,写真などを効果的に活用する方法も学習内容に含まれます。「つくつた」教材はグループ1台のiPadを使って、グループ作業の場面で活用されました。




「あつまと」教材を使った授業実践例の第1弾です!

 今回は「あつまと」開発チームに加わっていただいた仙台市立吉成小学校の菅原亮一先生の実践をご紹介します。5年生国語の単元「大切にしたい名言」です。





仙台市立北中山小学校にて、校内研修を実施しました。お題は「改めて情報教育とは? 活用する力を伸ばす授業デザイン」。子どもたちが自分で調べ、まとめ、伝えるための情報活用能力は、思考・判断・表現力といったいわゆる活用する力と密接なつながりがあります。1時間15分程の研修会でしたが、以下のように企画しました。

 
 仙台市立北中山小学校3年生で「つくつた」教材を活用していただきました!

 3年生の総合的な学習。単元名は「話し方名人になろう!」。神田敍子先生・伊藤浩也先生による実践です。本時の前、子どもたちは夏休み中に、川に関することを調べてきています。ワークシート「発表原こうを作ろう」を使い,伝えたいことをしぼっています。授業では、iPadをデジタルテレビにつないで一斉視聴。「プレゼンテーション」の「話し方」の例を,C⇒B⇒Aの順に視聴し,気づいたことをワークシート「話し方名人」に書く。下を向いたり,聞き取りにくい声で発表しても伝わりにくいということを感じとらせ,クラス内で共有しました。その後、「話し方」の例Aを目指して,ペアやグループで発表練習を行いました。



 寝屋川市立総合センターにて、「つくつた」とiPadを使った教員研修会を開催しました!
二中校区夏季合同研修会 ICT研修「iPadを使った授業実践」です。大阪府の寝屋川市では、二中校区にiPadが導入されることとなったそうです。そこで,Padを用いた授業実践を知り,実際にiPadを用いたワークショップ(CMづくり)を行い,2学期からの授業づくりに取り組みました。関西大学初等部の山中先生が講師でした。