長崎県南島原市教育研究会視聴覚・放送部会の主催によるワークショップにて、つくつた教材を活用したワークショップを開催しました!

 南島原市立長野小学校の田中健太郎先生による実践報告の後、その場にiPadを持ち込んでの「つくつた」の教材体験、授業での活用アイデアを探るワークショップを実施しました。ワークショップでは、本研究プロジェクトメンバーでもある長崎大の寺嶋浩介先生と東北学院大の稲垣によるコーディネートのもと、小中の先生方につくつた教材の活用アイデアについて、さまざまな教科単元で検討していただくことができました。




 長崎県南島原市立長野小学校4年生の取り組みです(授業者は田中健太郎先生)。総合的な学習の時間にプレゼンづくりに取り組みました。授業の流れは以下の通りです。

1 総合的な学習の時間に平和集会で発表する内容を話し合い,発表の準備や練習をする計画を立てる。
2 体育館で全校に向けて発表するにはどんなことに気をつけて練習すればよいのかについて,つくつたの「プレゼン」をみんなで視聴し,練習のポイントをつかむ。
3 発表の練習をする。(タブレットの活用)
4 発表する。
 

 長崎県南島原市立長野小学校5年生の取り組みです(授業者は田中健太郎先生)。国語の時間に新聞づくりに取り組みました。授業の流れは以下の通りです。

1 教科書を読み,新聞のしくみを知る。
2 3人のグループで「環境」をテーマに新聞を作る計画を立てる。
3 個人で取材をし,記事を書く(タブレットの活用)
4 持ち寄った記事をグループ内で読み合い,割り付けなどを決める。
5 新聞を作る。
6 お互いの新聞をグループ同士で交換して読み合い,評価をする。(つくつたの「新聞」を活用)
7 評価をもとに自分たちの新聞を改善する。



「つくつた」教材を高校で活用してみました!題して「プレゼングレードアップ大作戦」。参加してくれたのは、沖縄県向陽高校で中国語を学ぶ2年生。2年生は財団法人国際文化フォーラムの支援により台湾、大阪の高校と3校で国際交流に取り組んでいます。

 挨拶もグループ分けの指示も中国語で進む中、講師役をお引き受けした稲垣はまったく中国語はわかりませんので、以降は日本語で。大阪の交流校である、羽衣学園高校の米田先生が5月に沖縄にいらした時に作成した、自分の住む町の宝物を紹介するプレゼンテーションの改善に、つくつた教材を使用しました。 

 

つくつた教材の活用事例を大募集します!「実践報告」のコーナーにて公開させていただきます。添付のファイルにご記入の上、メールにてお送り下さい。ご協力のほど、よろしくお願いします。

120226ws31
 2月26日、大阪にあるSKY株式会社会議室をお借りして、つくつた教材を活用した実践の報告と、参加者による活用アイデアづくりのワークショップを実施しました!
 参加されたのは近畿、中部、九州(!)からいらした小中高校の先生方、大学院生、企業の方など30名。「つくつた」教材の評判はいかに・・・。そしてどんな活用アイデアがでてきたでしょうか? 
 
  

120216iwa01「つくつた」教材のちょこっと利用の事例をご紹介します! 使用されたのは2回目の登場、栗原市立岩ケ崎小学校です。今回は5年生の子どもたちが活用しました(授業者は遠藤麻由美先生)。国語で写真を選び、スピーチをする「わたしのとっておきの一枚」の単元です。なお、この1つ前の単元「伝えよう、委員会活動」ではリーフレットづくりに取り組んでいます(桂小で小野寺先生が実践した事例を本サイトでは紹介しています)。今回はスピーチの練習場面に、つくつた教材のプレゼン「話し方」のみを使用するというピンポイント利用でした。

 

 

 

 

小学5年生が国語の時間に「つくつた」教材を使いました!

120123katsura15 仙台市立桂小学校の5年生が国語の時間でつくつた教材を活用しました。担任は小野寺善彦先生。東京書籍の教科書には「伝えよう、委員会活動」という単元があります。単元の内容は委員会の様子を紹介するリーフレットを作成するもの。新しく委員会活動に参加する4年生を対象にしたリーフレットづくりに取り組むことになりました。まさに「つくつた」にうってつけの単元です。

 

 

 12月17日、宮城教育大にて開催された「情報活用型授業を深める会」にて、つくつた教材を活用した実践の報告と、参加者による活用アイデアづくりのワークショップを実施しました!仙台・宮城の先生方にとって、「つくつた」教材の評判はいかに・・・。そしてどんな活用アイデアがでてきたでしょうか?

  

小学1年生に「つくつた」教材を使ってもらいました!

 大阪府高槻市にある関西大学初等部の1年生を担任する山中昭岳先生は、生活科で「あたらしい1年生にビデオレターをおくろう」という単元を設定しました。新年度に入学してくる新1年生を相手に、自分たちの学校を紹介します。春に取り組んだ学校探険のことも思い出しながら、伝えたいことを考えます。教頭先生からの「ミッション」として、実際に入学説明会で使用することを伝えることで、子どもたちは張り切って撮影に向かいました。

 

 

5年生社会科での「つくつた」教材活用授業を見てきました!


 仙台市南部にある市立上野山小学校の授業を紹介します。5年生は27名(授業者は尾張有香先生)がはじめてのプレゼンテーション制作に挑戦しました。プレゼンの制作そのものはパソコン室のPCに入っている「発表名人」(ジャストシステム)を使用。ipadは8つのグループに1台ずつ配布し、プレゼンのコツをいつでも確認できるようにしました。宮城県には2011年にセントラル自動車の工場ができ、上野山小の子どもたちも見学にいってきました。そこで見つけたさまざまな工夫や秘密をプレゼンテーションにまとめていきます。